事業案内

経緯、動機

札幌市においても、少子高齢化が進み、子育て支援計画の見直しが進められています。
その中でも、札幌市営地下鉄麻生駅周辺の北区和光小学校地域では、市内中心オフィス街に勤務する市民が多く、保育時間の融通性など、地域社会での子育て支援が求められ、これらの福祉サービスには事業の継続性・存続性・利用性の低さ等、安定した経営主体の保育事業を推進したく保育事業を立ち上げる動機になりました。
また、延長保育並びに一時保育事業等、子どもたちを安全に保育できること、健康的・衛生的な保育施設の中で保育できること、保育に対する高い専門性と人間性をもった保育スタッフなど、質の高い保育が求められています。
このような市民の要望にお応えできる保育事業をと考え、子育て支援を担う受け皿としての役割を果たしていきたいと考え札幌市と協議を行って参りました。

事業内容

基本事業としては、以下の各種事業を通じて総合的な児童育成支援事業を構想しています。

また、子育て支援のための専門家を招聘し、地域社会に有用な情報を提供して参ります。

主たる事業所の所在地 北海道札幌市北区北36条西2丁目1-3
法人の名称 社会福祉法人 勇志会
事業の種類 社会福祉事業 第一種 なし
第二種 保育所 エンジェル保育園の設置経営
一時預かり事業(エンジェル保育園)
公益事業 なし
収益事業 なし

1.保育園の運営
(1)所在地
札幌市北区北36条西2丁目1-3
(2)定員
0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳以上 合計
6人 11人 11人 11人 21人 60人
(3)職員定数
平成23年度、採用予定職員の確保(9名)、パート職員(保育士)の確保
(4)事業開始年月日
平成24年4月2日
2.保育目標
子育ての専門施設として、札幌市こども基金の補助により、園舎の建築が始まるが、地域へのご理解を求めるべく近隣への配慮を行うとともに、人材育成と保育サービスの訓練を行い、開園時の対応を充実させる。
また、地域の連帯を強化させ、さらには保護者にも当園で預かる乳幼児の人格形成に、この時期が最も大切な時期であることを訴え、共に子育てができるよう努力することが最大の責務と心得て以下の事業を実施します。
(1)保育時間
実質保育事業は行わない。
(2)保育内容等
デイリープログラム(日課)の検討を行い、児童の年齢に応じ保育士と延長が協議して定めるが、「おやつ」の支給、「お昼ね等」は必ず含まれるように配慮する。
月間及び年間計画、年間保育士同計画書などについては、職員会議で協議して定める。
(3)保育担当者
担当保育士の選定
調理担当の選定
(4)健康管理
1.定期健康診断のための嘱託医師の確保
入園のご案内 安心な保育園 アクセスマップ 施設案内 年間スケジュール お電話でのお問い合せ メールでのお問い合せ